あなたの悩みは背中だけ?汗のかく部位・症状を把握して適切な対策を!多汗症の薬も紹介!

背中の汗に悩んでいる人で注意して欲しいのはあなたが汗をかくときにどの部位に汗をかいているのか?ということです。背中の汗が気になっているので当然背中には汗をかいていると思いますが背中以外に汗はかいていませんか?

例えば、色々な部位に汗をかくけど一番汗が気になるのが背中という人もいれば、背中からだけ大量の汗をかくという人もいるはずです。

背中の汗の原因について」にも書いていますが、背中はもともと汗をかきやすい部分なので、人によっては単純に汗かきでその場合は制汗剤などを利用したり、インナーを工夫したり、汗対策を取り入れることで簡単に防ぐことができる場合もあります。

しかし、汗の量が尋常ではない、たとえば多汗症などの方や背中だけでなく、全身的に汗が流れるような方は上で言った対策などでは汗を防ぎきることができない場合もあります。

全身的に汗をかく人には医薬品という選択肢もある

これは制汗剤などの医薬部外品などではなく、医薬品であり、内服薬を飲んで汗を止める方法なので使用には慎重になって頂きたいですが、薬を服用することで汗を止めることができる薬もあります。

汗を止める薬は多汗症の治療薬としても認可されている薬で抗コリン剤のプロバンサインという薬があります。薬の効果は上で書いた通り、服用することで汗を止めます。汗を止めるというか汗をかかなくする薬です。

ご存知の方も多いと思いますが、人間の汗は体温調節の機能も兼ねています。その汗を止めるため、汗をかかないことに関する副作用が現れます。口や目の渇き、体のほてりなどはプロバンサインの主な副作用になります。その他重篤な副作用や禁忌事項もあるため使用の際は医師・薬剤師に相談のもと使用することをおすすめします。

使う使わないはあなたの判断やかかりつけの医療機関の医師・薬剤師の判断もありますが、こういった根本である汗そのものを止める薬があるということを知識として知っておくと、本当に必要としている人にとっては救いになるはずです。

自分の汗の症状や汗をかく部位を今一度よく確認して、自分の汗と向き合うことで適切な対策を取るようにすると良いでしょう。薬は悩みや症状の軽減に使われることを目的に作られているものです。使用は決していけないことではないので一つの選択肢として頭の中に入れておくのも大切かと思います。その参考にしてください。

簡単に取り入れられる背中の汗対策3選!薬・シャツ・冷やす

人体の中でも比較的汗をかきやすい部位でもある背中。
大量の汗で服は肌に密着し、ベトベトして不愉快・・・。服は透け、下着が見えてしまうこともあります。

シャツ一枚では男性でも肌が透け、乳首などが見えている人もたまに見かけます。男性であればそれでも良いかもしれませんが、女性は男性以上に透け問題についてはデリケートでしょう。

そんな意外と悩ましい背中の汗を止めるにはどんな方法があるのかを見ていきましょう。

主な汗対策としては、

  1. 薬(医薬品・医薬部外品)
  2. シャツ
  3. 冷やす

などの対策が考えられます。

1.薬(医薬品・医薬部外品)
薬には制汗剤をはじめとする医薬部外品、プロバンサインをはじめとする医薬品などがあります。

制汗剤は市販のものから通販限定商品まで様々で、比較的誰でも手に入れやすく取り入れやすい汗対策として人気です。しかし、背中は体の中でも面積が広い部分であり、制汗剤による汗対策をする場合は制汗剤を一度に大量に使うため、コストの面で言えば少し割高になる場合があります。と言っても最近は伸びの良いクリームタイプの制汗剤なども販売されているのでそういったタイプの制汗剤を利用することで効果的に汗対策に取り組めます。
背中の汗に効く(使える)制汗剤はあるの?

医薬品は内服薬のため、効果が強い反面、副作用もあります。汗対策として効果のある薬は主にプロバンサインですが、デパスも効果があると言われており、どちらの薬も重篤な副作用はほとんど心配ありません。適切に対策を取り入れることで安全に使用できます。

しかし、薬であることには変わりないため、用法用量を守って正しく使うことは必須です。

抗コリン剤のプロバンサインは多汗症の汗も抑える強力な薬なので大量の汗に悩んでいる方は利用を選択肢の一つとして候補に入れてみるのも良いでしょう。

2.シャツ
背中の汗の悩みどころの一つである、シャツの透けやベタつきは汗対策に効果的な、汗について考えて設計されたシャツを取り入れると良いでしょう。素材にこだわりがあったり、通気性の良いデザインに仕上がっていたり、見た目では普通のシャツと変わらないけど工夫が取り入れられているものもあります。

また、シャツだけでなく、速乾性の高いインナーや清涼感のあるインナーなどを使用し汗対策として取り入れてみるのも良いでしょう。
汗で素肌が透けないシャツの特徴・条件は何?

3.冷やす
冷やす、要は体温を下げるということです。
汗は体温の上昇に伴い発汗量が多くなるものなので体温を下げる施策を取り入れると良いでしょう。

首回りを冷やすと体温を下げやすく、冷たさも感じやすいため、すぐに体温を下げるのにも効果的です。体温とともに気持ちも落ち着きます。

首回りをスプレーで冷やしたり、濡れた手を当てたり、冷たい飲み物などを当てると良いでしょう。

手軽に取り入れられる背中の汗対策にはこのような施策があります。
これらは比較的誰でも取り入れられるものなので、背中の汗に悩んでいる方はできることから始めてみてください。

背中の汗に効く(使える)制汗剤はあるの?

汗を止める方法として最も手軽で多くの方が最初に施す対策として「制汗剤」の使用があります。制汗剤は文字通り「汗を制する(止める)薬」のことです。薬と言っても外用です。

この外用であることが肌荒れなどの副作用や合う合わないを除けばトラブルが少なく、誰でも使いやすい方法であるため、はじめの施策として取り入れる人が多いです。

では、この制汗剤に背中用というものは存在するのでしょうか?

私が調べてみたところ、「背中専用」として売り出している制汗剤はないのが現状です。多くの物は脇汗用や手足用がほとんどです。中には顔汗専用というものもありますが、やはり脇や手足と比べれば圧倒的に商品が少ない状況です。

背中というのは「背中にかく大量の汗は多汗症?」でもお伝えしたように非常に汗をかきやすい部位ではありますが、服に覆われているため、服やその他背中汗対策グッズやインナーなどが販売されており、そちらで対策をする人も多いのかもしれません。そのため、対策グッズはあっても専用の制汗剤は今のところはなさそうです。

もちろん、私が知らないだけかもしれませんし、今後背中専用として制汗剤が発売されることもあるかもしれません。

では、制汗剤で対策はできないのか?
と言えばそうではありません。

背中は体の中でも皮膚が厚い部位と言われており、目安ではありますが、だいたい2mmほどの厚みがあると言われています。ちなみに、人体で一番皮膚が薄い部位は瞼(まぶた)でその厚みは1㎜程度と言われています。

同じ2㎜程度の厚さの皮膚がある部位としては、体の大部分がそうです。手のひらや足の裏は比較的皮膚の厚い場所ではありますが、それでも、3~4mm程度と言われています。

そのため、手足専用の制汗剤であると皮膚の厚みがある部分に対する制汗効果を目的に作られているため作用が強い場合がありますが、脇や顔、首元など背中と皮膚の厚みがさほど変わらないような場所への使用を目的に作られている制汗剤は背中への使用も安全です。

そのため、背中用の制汗剤がない場合はそういった部位への適用のある制汗剤を使用すると良いでしょう。ただし、脇汗用の制汗剤で脇への使用以外はやめるように注意書きされているような場合は使用しない方が安全です。

または、制汗剤ではなく、吸水性と発汗性を備えたインナーを着用するのも良いでしょう。

汗で素肌が透けないシャツの特徴・条件は何?

汗をかくと汗染みや臭いなどが気になりますが、同時に気になるのが、汗によって素肌が透けて見えるようになってしまうことです。

特に仕事で上着を着た際に、ちょっと休憩などと店に入ったとき、上着を脱いでみたら汗で素肌が透けていて、恥ずかしい思いをしたなどという経験はありませんか。

汗染みや臭いは人に不快な思いをさせないかという不安もありますが、透けて見えるのは恥ずかしいというより他ありません。

広範囲に汗をかいてしまいやすい背中ですが、汗をかいても肌が透けて見えないようなシャツというのはあるのでしょうか。汗で透けないシャツの特徴について見ていきましょう!

1.肌の色に近い色は透けにくい
仕事で着るワイシャツや、清潔感溢れるオシャレの服の素材として多く取り上げられるのが、白の素材の服です。

しかし、多くの人が経験したことがあるように、白地のシャツは汗をかくと素肌が透けて見えることが多いのです。

これは汗をかいて白地が変色することからくる、肌と素肌の色の境界線。つまり、肌との境界線が見えにくくなるシャツは汗をかいても透けにくいという発想になります。

肌の色よりも若干色合いが濃い色のベージュ系のシャツなどが最適です。

2.吸汗性に優れた素材
汗をかいて素肌が透けてしまうのは、汗で服が濡れてしまうからです。
そういった観点で開発されているのが、ニット素材の吸汗性を生かしたシャツです。

2008年から販売され始め、今では人気を博している素材のひとつです。

ポリエステル素材も通気性や放湿性に優れた繊維です。
そのポリエステルに吸汗ドライ加工を施すことによって透けるのを防ぐだけでなく、汗で体が冷えたりすることもありません。

肌の色に近いベージュ、ニットやポリエステル素材、汗を即座に乾かしたり、放湿させるための加工などがされているシャツが、汗で透けにくいシャツの条件と言えるでしょう。こういった服を選ぶことで汗を気にするという精神的負担を少しでも和らげることができるようになります。