あなたの悩みは背中だけ?汗のかく部位・症状を把握して適切な対策を!多汗症の薬も紹介!

背中の汗に悩んでいる人で注意して欲しいのはあなたが汗をかくときにどの部位に汗をかいているのか?ということです。背中の汗が気になっているので当然背中には汗をかいていると思いますが背中以外に汗はかいていませんか?

例えば、色々な部位に汗をかくけど一番汗が気になるのが背中という人もいれば、背中からだけ大量の汗をかくという人もいるはずです。

背中の汗の原因について」にも書いていますが、背中はもともと汗をかきやすい部分なので、人によっては単純に汗かきでその場合は制汗剤などを利用したり、インナーを工夫したり、汗対策を取り入れることで簡単に防ぐことができる場合もあります。

しかし、汗の量が尋常ではない、たとえば多汗症などの方や背中だけでなく、全身的に汗が流れるような方は上で言った対策などでは汗を防ぎきることができない場合もあります。

全身的に汗をかく人には医薬品という選択肢もある

これは制汗剤などの医薬部外品などではなく、医薬品であり、内服薬を飲んで汗を止める方法なので使用には慎重になって頂きたいですが、薬を服用することで汗を止めることができる薬もあります。

汗を止める薬は多汗症の治療薬としても認可されている薬で抗コリン剤のプロバンサインという薬があります。薬の効果は上で書いた通り、服用することで汗を止めます。汗を止めるというか汗をかかなくする薬です。

ご存知の方も多いと思いますが、人間の汗は体温調節の機能も兼ねています。その汗を止めるため、汗をかかないことに関する副作用が現れます。口や目の渇き、体のほてりなどはプロバンサインの主な副作用になります。その他重篤な副作用や禁忌事項もあるため使用の際は医師・薬剤師に相談のもと使用することをおすすめします。

使う使わないはあなたの判断やかかりつけの医療機関の医師・薬剤師の判断もありますが、こういった根本である汗そのものを止める薬があるということを知識として知っておくと、本当に必要としている人にとっては救いになるはずです。

自分の汗の症状や汗をかく部位を今一度よく確認して、自分の汗と向き合うことで適切な対策を取るようにすると良いでしょう。薬は悩みや症状の軽減に使われることを目的に作られているものです。使用は決していけないことではないので一つの選択肢として頭の中に入れておくのも大切かと思います。その参考にしてください。