背中の汗は放っておくと風邪になりやすい?汗を放置すると風邪をひきやすい理由について

子供の頃などはよく汗をかいたら早く拭きなさいと言われたり、汗をかいたまま放置すると「風邪をひくよ」と注意されたものです。

なぜ、汗をかいたまま放置すると風邪をひくのか、また、本当に汗をかいたまま放置すると風邪をひきやすいのかについて解説します。

汗をかいた後放置すると風邪をひきやすい理由

汗をかいた後に汗を拭かずに放っておくと風邪をひきやすいのか、と言えば、ひきやすいのかひきにくいのかで言えばやはりひきやすくなる可能性はあります。

そもそも汗というのは体温調節のために流れています(温熱性発汗)。高くなった体温を下げるために汗が流れ出ますが、かいた汗が外気に触れると温度を下げるように汗で湿った個所や服をそのままにしておくと必要以上に熱を奪い、体温を下げ過ぎてしまう場合があります。
※体温調節のために流れる温熱性発汗以外にも「精神性発汗」や「味覚性発汗」などがあります

一説には体が濡れていると乾いているときの約25倍もの熱が奪われるとも言われています。

その結果として体が冷えて、免疫力が低下した結果、風邪の症状を患ってしまう可能性はあります。

もちろん、冷えることだけが風邪の原因ではありませんので必ずしもひくわけではないですが、一つのきっかけになるということです。

背中の汗は大量に出て熱を奪う

そして当サイトでも重点的に取り上げている背中(背中の汗)というのは人体の中でも比較的汗をかきやすい部位で、その面積も広いため、発汗量も人体の中では最大になります。

かく汗の量については太っている人や多汗症の方など体質的に汗をかきやすい人ほど汗の量は増えますが、背中というのは「背中の汗の原因」でもお伝えしているように体質以外にも精神的な影響により汗が出やすい部位でもあります。

緊張を感じたときに背中に汗をかいたり、不安や恐怖によって背中がびっしょりになってしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。寒気を感じた時に背筋(背中)がゾクッとなるのも一説には背中でかいた汗が冷えて体温が下がったために起こるとも言われています。おしっこをした後に身体がぶるっと震えるのを経験したことがあると思いますが、あれも体温低下により体温を温めるために震えていると言われています。

まとめ

汗をかいた後に汗をしっかりと拭かないと風邪をひくというのは直接の原因にはならずとも風邪をひいてしまうきっかけの一つにはなり得るものです。

他の風邪をひきやすい場面を考えたときに雨でずぶ濡れになったあと、着替えなかったり、すぐに身体を温めないと風邪をひきやすいのもある意味で同じことですね。

風邪を予防するためには汗をかいたらなるべくすぐに拭き取るなどケアを行うこと、特に背中の汗は量が出やすいのでしっかりとタオルで拭いたり、面倒だとは思いますがこまめにインナーを変えるのも有効です。または日ごろから汗が気になる人は制汗剤などを使い汗対策を施しておくこともおすすめです。

背中は肌と衣類が接触しやすく、比較的長時間接していることも多いです。放っておけば濡れたままで徐々に体温を奪われていくため早目のケアを心がけてください。